スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーナメント方式について知っておこう

トーナメント、という言葉を聞いて、日本人が思い浮かべるのは、二組みが戦って、勝った方が次に進む、という甲子園みたいな形式だとは思うのですが、実際は違うよー、という話。

トーナメント方式 - Wikipedia

詳細は上記リンクを読んでいただければいいのですが、
  • シングルエリミネーション(ノックアウト)トーナメント(以下、本記事ではシングルエリミと記述します) 甲子園とかみたいな、勝った方だけが残る方式
  • グループトーナメント ワールドカップの予選みたいに、小さい数でグループを作り、その中での総当たり戦を行って、成績を出す(さらにこの後、シングルエリミネーション等の形式で順位を決めることが多いですね)
  • スイスドロートーナメント(以下、本記事ではスイスドローと記述します) 人数に応じて、何回戦行うかは変わってきますが、1回戦目はランダム。2回戦目以降は勝った人は勝った人と、負けた人は負けた人と対戦というように、似たような成績の人と、複数回の試合を行う形式
と、上記を把握しておくと、「あそこの大会はスイスドローなんだぜー。トーナメントにしてくれよー」とか、厳密に理解しようとすると、意味不明になるような言葉づかいをしないで済みます。

各形式のメリットやデメリットとしては、以下が上げられると思います。

  • シングルエリミネーショントーナメント
    開催場所が狭い場合、1回戦終わる毎に人数を半分にすることができる。カードショップなどの場合、他のゲームの大会も開催することがあるでしょうから、人数を減らせる、というのは大事だったりします。
    その反面、負けた人はやることがなくなってしまいますので、まだ対戦している人の側で大きな声を出したり、うろうろしたりと、大会の運営を妨害するような人になってしまうことも……。
    (アニメでも、店長に注意されるシーンがありましたよね)
    ただ、参加賞だけが目当てであるのならば、負けたらすぐに別の店に行けるから、早く済んでいい、という説もあると思います。
  • グループトーナメント
    カードショップの大会で、この形式を採用しているところはあまりないと思うのですが、イベントを運営する立場からすると、小さい単位で、複数の開始時間でできるのが楽だったりします。
    人数が集まり次第グループトーナメントを開催、グループトーナメントの1位の人だけ、予選通過。グループトーナメントには予選を通過してない人は何回でも参加していいよ、とかですね。
    ただ、これをやるのなら、8人スイスドローにしてしまえばいいや、ということも多く、結構微妙です。
  • スイスドロートーナメント
    負けてもまだ試合ができる、というのが大きな特徴だと思います。
    カードゲームを始めたばかりのころは、他の人との対戦が都度新しいことの発見になったりするので、負けてもまだ何回か試合ができる、ということがうれしかったりします。
    成績が同じような人と組み合わされるため、極端に実力が違う人とは対戦せずに済むのですが、その反面、対戦を同時並行で行うため、強い人たちの対戦を見ることができない、という欠点もあります。

上記を理解した上で、スイスドローっぽいんだけど、2回負けたらおしまいにするとか、いろいろな方法はありますので、ご自身で大会を開催される場合は、考えてみてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nybb

Author:nybb
都内在住。
私と長男、次男の3人でヴァンガードをプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。