スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対戦中のギャラリーからの助言







上記に関して、カードファイト!! ヴァンガードカードゲーム事務局に電話にて問い合わせ。

ギャラリーが上記のような行為を見つけて、ジャッジを呼ぶことは可能。
ただし、対戦を止めることはNG。
ジャッジが来る前に決着が付いてしまえば、その勝敗は覆らない。

ということで、上記のような場面を観戦者が見つけた場合、手を上げて、「ジャッジっ!」と声を出して呼び、状況を説明するというのがやっていい対応。
上手くいけば、ジャッジを読んだ声に気づいて、プレイを止めてくれるかも、とかいう淡い期待も……w
(観戦している人がプレイを止めるのではなく、対戦者が自発的にプレイを止めるのはオッケーだよね)

まぁ、正直、現状の運用の下では、助言を受けたモン勝ちってのもあるんですよね。
ジュニアの子が裁定を不服として、ヘッドジャッジを呼ぶ、とかも無理なような気もするし……。

仙台大会の場合、ジュニアの参加者は15名。その場についていたスタッフは2名だったと思います。
ただ、ジャッジがそのままスコアシートの回収等も行っていたので、常にすべての対戦に目を配ることができるかというと難しいと思います。
(コスト面から考えると、配置できるスタッフとジャッジの人数も限られるので、ジャッジが回収等を行うのも仕方ないのかなぁ、とも思えます)

フロアルールによれば、対戦中のファイターに対して、マッチ外部の人間が助言を与える、という行為は、LV2の大会ですから、その場で退場処分が下されてもおかしくないのですが、ジュニア相手ともあって、注意するくらいで止めているようなのです。
また、退場処分を下さなかった場合、助言を与えた参加者に対して警告を与えて、その履歴を記録するべきなのですが、それも行っていないようです。

参考:■カードファイト!! ヴァンガード フロアルール ver. 1.05 (PDF形式)
参考2:観戦レポート ファイターズロード2012 仙台地区大会ジュニア、3回戦のときの横にいた子

いちお電話では、大会前に助言を与えてはいけない旨のアピールを徹底し、警告や注意をした履歴はしっかり残すようにお願いしましたが、どうなりますかねぇ……。

ヴァンガードの大会は、出るたびに良くなっていると思うので、以降のファイターズクライマックスや来年以降のイベントで改善されていることに期待です!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nybb

Author:nybb
都内在住。
私と長男、次男の3人でヴァンガードをプレイしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。